カーボンニュートラル計画づくり研究会(第1期)

カーボンニュートラルを合理的に実現する手段と算出基準の検討

「カーボンニュートラル計画づくり研究会(第1期)」ご案内

原則、オンラインによる開催


研究会の目的

 地球温暖化を防ぐために、先進国を中心に温室効果ガス削減の取り組みを行っています。日本政府も、2030年度に向け温室効果ガスを13年度比で46%削減するという新たな目標を発表しました。この目標の達成はかなり難度が高いとも言われていますが、温室効果ガス削減(カーボンニュートラル)への取り組みが経営の最重要課題のひとつとなっており企業側は対応せざるを得ない状況となっています。
 なお、CDP、SBT、RE100などの国際イニシアティブに参加する企業が増えていますが、温室効果ガスの排出量を算出し公表すると共に、排出量削減への取り組みが急務となっています。しかし、以下のような理由があり容易ではありません。

 ・直接のCO2排出量を減らす手段の中で、自社に合ったもっとも合理的(低コスト)なものを探すことが難しい
 ・再エネを導入したいが太陽光発電と風力発電はお天気次第、しかし蓄電池も容量に限界がありエネルギーミックスが難しい
 ・再エネを小売電気事業者から購入するだけでは追加性の点で評価が下がってしまう
 ・上流と下流工程(SCOPE3)での、脱炭素の計画づくりが大変
 ・植物は脱炭素に有効と思われるが、効果(CO2削減効果)がの定量化と算出基準が分からない
 ・電力行政は複雑で変化も激しく理解するにが大変であり、また影響力の考察が難しい  など

 このように企業がカーボンニュートラルを実現していくには、CO2吸収材等の技術知識と応用力、再エネの技術知識や仕組みの設計力、電力行政の知識とトレンド把握など、幅広い知識と情報と計画立案力が必要となります。しかし、そのような専門人材は、企業内に存在していないのが実態です。
 また、植物を利用した際のCO2削減量の算出方法や削減計画への組み入れ方などは基準が定まっておらず、企業側にて検討することが求められている状況です。

 以上のような背景より、「企業内にて、カーボンニュートラルに関する知識と計画立案力を育てることが必要である」との声が出てきており、この一助となることを目指し本研究会を開催することとしました。 
 各分野の専門家のスピーチを交えながら、カーボンニュートラルに向けた知識の整理と検討を行うことで、算出の基準づくりや計画立案力向上に貢献したいと考えます。
 何卒、ご参加のほどお願い申し上げます。

※詳しくはこちらごご確認ください。